​レーザー手術

​網膜光凝固術

対象疾患:糖尿病網膜症・網膜静脈閉塞症

網膜光凝固術は主に網膜の酸素不足を解消し、新生血管の発生を予防したり、すでに出現してしまった新生血管を減らしたりすることを目的として行います。

 

光凝固は正常な網膜の一部を犠牲にしますが、全ての網膜が共倒れになるのを防ぐためにはやむを得ません。この治療は、今以上の網膜症の悪化を防ぐための治療であって、元の状態に戻すための治療ではありません。まれに網膜全体のむくみが軽くなるといったような理由で視力が上がることもありますが、多くの場合、治療後の視力は不変かむしろ低下します。

 

網膜症の進行具合によって、レーザーの照射数や照射範囲が異なります。網膜光凝固術は早い時期であればかなり有効で、将来の失明予防のために大切な治療です。

 

当院では、最新の検査機器の結果から、光凝固の適応や部位を的確に診断します。網膜光凝固にはパターンスキャンレーザー装置を導入し、痛みの軽減と手術時間短縮に努めています。

​目と健康シリーズ(SKK)

対象疾患:網膜裂孔

網膜裂孔の周囲を熱凝固して、網膜剥離の発生を予防したり、すでに出現してしまった網膜剥離の進行を防ぐことを目的として行います。

 

この治療は、網膜裂孔から網膜剥離へと進行することを防ぐための治療であって、元の状態に戻すための治療ではありません。まれに治療をしても網膜剥離へ進行することがあります。

 

網膜裂孔の大きさや網膜剥離の具合によって、レーザーの照射数や照射範囲が異なります。網膜光凝固術は網膜剥離を生じていない段階であればかなり有効な治療です。

​目と健康シリーズ(SKK)

​虹彩光凝固術

対象疾患:閉塞隅角緑内障

 

房水の流出する隅角が狭いと、眼圧が上昇して緑内障になることがあります。

 

とくに急激に眼圧が上昇する緑内障発作は頭痛や嘔気などの辛い全身症状を生じ、重症な視覚障害を招くため、予防が必要です。

 

当院では、日本緑内障学会のガイドラインに準じて手術適応を診断し、虹彩光凝固もしくは白内障手術による予防治療を行います。

 

虹彩光凝固は、虹彩(いわゆる茶目)に孔を開けて、眼内の房水の流れを変えるというものです。虹彩に孔を開けるときにレーザーを使用します。まれに水泡性角膜症を生じることが報告されていますが、当院では2段階熱凝固およびYAGレーザーによる破砕凝固を組み合わせ、低侵襲な虹彩光凝固が可能です。

 

​隅角光凝固術

開放隅角緑内障には、房水流出路の線維柱帯の流出抵抗が高まり眼圧が上昇するタイプがあります。このような症例に対し、隅角を直接光凝固をすることで、流出抵抗を軽減させる治療です。当院ではYAGレーザーによる選択的線維柱帯形成術(SLT)を採用しています。

線維柱帯に照射することで房水の排出を促進するためのレーザー治療です。一部の開放隅角緑内障に効果があります。レーザー治療の痛みは極軽度で外来で行うことができます。

​後発白内障手術

白内障手術後に眼内レンズが挿入されている水晶体嚢が混濁することがあり、後発白内障といいます

当院では、YAGレーザーにより水晶体嚢を切開して、ぼやけた視界をクリアにします。レーザー治療は痛みも無く、短時間で終わります。

 

治療後は嚢の破片が目の中に散らばるので、ゴミが飛んでいるように見える「飛蚊症」という症状が出ることがありますが、徐々に改善します。まれに炎症や眼圧上昇、網膜剥離などの合併症を起こすことがあります。

 

名称 :前橋ミナミ眼科

​院長 :板倉宏高

所在地:〒371-0814

    群馬県前橋市宮地町146-1

連絡先:027-288-0895

設立 :2018年11月

診療科:眼科

駐車場:40台

外国語ページ自動翻訳機能オンの場合、

文章が誤変換されます。

 

このホームページに対応しているもの

​お問合せ・電話受付

​027-288-0895

Copyright ©2018前橋ミナミ眼科. All Right Reserved.